アニマルコミュニケーション

この言葉をお聞きになったことはありますか?

動物たちの心を読み取る?透視?

動物とコミュニケーションをとってくれる人?

動物と会話ができる人?さまざまですね。

一言でいえば、人間側が五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、感覚)を越えた感覚を使い

動物たちの感性を受け取り、それを言語に変換して、お伝えする、通訳者です。

特異体質な人ができることなんでしょ…。

と、よく言われますが、答えは、。NO…です。

こんな体験はありませんか?

「メールをしようとおもったら、相手からメールがきた。」

「電話しようと思ったら、かかってきた。」

「あの人、最近どうしてるかな…と思っていたら、

街で偶然会った。」

「お腹が空いたね。と友達と話していて、食べたいものが、全く同じだった。」

 

虫の知らせと、言われていることも、みなさん、体験されていると思います。

 

声が聞こえたわけでもない。

自分が大声で叫んだわけでもない。

でも、相手と気持ちが通じ合った。ってこと。ありますよね。

思いが強ければ、その思いが伝わることってよくあることです。

 

私たちアニマルコミュニケーターは、その感覚を信じ、練習をすることにより、意図的に、感情を伝え合うことができるのです。 

動物からたくさんの癒しをもらえる

アニマルコミュニケーションは占いではありません。

または、なにか霊的なことでも、宗教的なものでもありません。

動物達も、意識してこちらに伝えているわけではないので、リアルな表現をするというよりも、感覚を送ってくる。という風に表現するのが、いいのかと思います。

 

私は、声であったり、音であったり、感覚であったり、写真を見せられているようであったり、香りであったりと、いろんな情報から動物達の声をキャッチします。

 

また、飼い主さまからのお話をお聞きし、それを基に、動物達と、交流していきます。

そのため、「なにも言わずに、当ててもらおう。」「黙っておいてどこまで、透視できるのか」「インチキまがいなんじゃないの?」「アニマルコミュニケーションなんてありえない。信じない」などと、占いのような 透視や、当て物、疑ってかかる方実態を暴こうと、嘘を言ったり、協力的ではない方、そんなお気持ちでセッションを受けられる方は、申し訳ありませんが、お断りします。